売却ではなくマンションを貸したい、オーナーになりたい

オーナーとして毎月家賃収入を得る事が出来ました

他の部屋は築年数に応じての価値になりますが、自宅の場合はリノベーションで価値が大きくなっているわけです。
通常の家賃相場よりも高めでも借り手が付く事があるなどからも、少し高めの家賃設定にして入居者の募集を行って貰いました。
最初はそれほど反響はありませんでしたが、1か月も経過すると入居希望者が数組家の見学に着てくれました。
借りたいと言う人が現れたので、審査をするために不動産会社に出向いて、どのような人なのかを確認しました。
基本的には不動産会社の担当者が進行を務めてくれたので、自分達は相手の家族構成や職業などについて確認をしました。
審査時の対面の大半は雑談で終わりましたが、雑談を行う事で相手の事を何となくではありますが理解出来たように感じたのです。
部屋を貸したいと言っても、良い人に借りて欲しかったので色々な話が出来て良かったと思いますし、お子さんがまだ小さいので近所には子供が遊ぶ事が出来る公園もあるなどを話すと喜んでくれたのです。
マンションのオーナーになるとは思っていませんでしたが、現在では手狭ではありますが庭付きの一戸建てに住みながらオーナーとして毎月家賃収入を得る事が出来ましたし、家賃は現在の住まいのローン返済に充当するなど満足しています。

貸し出す方法もある事を教わった家賃収入を利用出来るメリットもあるオーナーとして毎月家賃収入を得る事が出来ました